魚に対するこだわり

TOP >> 魚に対するこだわり

天然魚にこだわる訳

シーフーズ大谷では、魚に対するこだわりを大切に捉え、一人でも多くの方に魚の本当の価値を知って頂きたいと考えております

養殖魚では味わえない、天然の魚の良さを知って頂きたい!

年間を通して安定供給が可能な養殖技術は日進月歩で進み、そこで生産される魚類も生産者様の努力で質が向上してきています。その為、安定価格と安定供給という利点から養殖魚をメニューに組み込まれる飲食業者様も多数おられるのは致し方の無い所です。
しかし、自然の恵みである天然魚には、「旬」が存在し季節ごとに美味しい魚が違います。また、例えば冬場のイサキのように旬を外れても脂ののった魚もいるのも事実です。弊社でも、「旬」にも当然こだわりますが、それのみでなく、捉われれば本質を見落とすこともあるので、旬というキーワードに無理に固執せず魚そのものの質に目を向け、プロの目利きで最高の魚を御提供していく所存です。

やはり、天然魚でしか味わえない上質な魚自体のもつ旨味は、養殖魚にはありません。天然魚は入荷量も価格も不安定で安定供給も叶いませんが、それ故に、良い魚が手に入った時の喜びは格別かと思います。それぞれの魚の違いを感じ、調理して頂きたいと考えております。
長年、ほとんど毎日魚を食べ続けていますが、それでも時に感動すら覚えるほどの美味な魚に出会う事もあります。「その感動を皆様に味わって頂きたい。」その想い一つで仕事をしているといっても過言ではありません。

世界には多様な魚が存在し、それぞれに個性がある!

このページをご覧の皆様は、何種類の魚介類を御存知でしょうか?中央市場でも、誰しもが知っている定番魚ばかりが並んでいるのが現状です。見知らぬモノを敬遠する気持ちもわかります。
しかし、知らないだけで非常においしい魚もいることも事実です。手に入れることのできる良い商材を逃すのは本当にもったいないことです。グロテスクな見た目や、変わった名前、滑稽な姿、そんな外見にとらわれず、素材そのものの本質を見極めて頂きたいと考えております。知らない魚でも、ある地方では重宝され高級魚扱いされるということもしばしばありますし、浜でしか食されない地元の味もあります。我々は、そんな魚も各地方から集荷しておりますので、一般的には消費も流通もされていない様な「知らないけれども、利用価値のある魚」を是非一度、偏見を持たずに手に取って見て試して頂ければ幸いです。

幻の高級魚「天然クエ」への想い!

トップページのイメージにも適用している通り四代目社長 大谷透 の天然クエに対する思い入れは特に強く、クエについても養殖技術が進んでおりますが、弊社がこだわるのは、あくまでも天然です。他の追随を許さぬ上質な身質と脂、また、その圧倒的な存在感と誰しもが知っているそのブランド力は、魚の王様ともいえるでしょう。その希少価値から、特に冬場は上限知らずの価格ですが、全国の仕入れネットワークを活かし、同業他社よりも比較的に安定した入荷と、浜での価格に連動した価格での販売が可能です。有り難い事にお客様にも支持を頂き、年々取り扱い量は増加傾向にあります。是非、天然クエを取り扱って頂きたいです。その魅力に惹かれることは間違いなしです。