魚界人ブログ

TOP >> 魚界人ブログ

ソイ系3種 黒ハモ

  • ソイ系3種 黒ハモ
  • ソイ系3種 黒ハモ
  • ソイ系3種 黒ハモ
  • ソイ系3種 黒ハモ
  • ※無断転用・転写禁止

シーフーズ大谷の主な仕入れ先は長崎県と鹿児島県です

魚種が多くて魅力的なんですよねー

ただここ数日時化でこの2県からの仕入れが心もとない

で、仕入れてるのが北海道!

今日はソイの種類を3種

1枚目が黒ソイ

2枚目がキゾイ

3枚目がアオゾイです

1日で3種もあるのは珍しいです

私が好きなのはアオゾイです

タラっぽくもありますが脂の乗るソイで値段もお手軽なので大好きな魚です

生食はあんまりおススメしませんが焼きや鍋で魅力を発揮してくれます

4枚目はニューカマー

北海道よりクロハモです

ホンマの名前をイラコアナゴといいます

知らないモノは自分で食べなあきません

ということで本日、白焼きで頂きます

先日のニシンも品質チェック兼ねて食べたらおいしかったですねー

ツムブリ・カイワリとともに寿司にしたんですが、個人的には1番美味しかったです

妹も1番美味しかった言うてました

千葉県のキンメダイも品質チェック用に寝かせてあるし、明日もオアカムロを品質チェックする予定

あわよくばハマダイも品質チェック

そうです、品質チェックの名の元に美味しい魚食べまくってます

でも自分がお客さんに買ってもらう魚なんで、やっぱり1度は自分で食べときたいんですよね

なんで仕事してるかって、お客さんを満足させたいってのも理由ですし、生活のためというのも間違ってない

ただ、1番は「自分が美味しいモン食べるため」なんですよねー笑

そこが他の人と違うとこやと思います

だって、京都で自分が美味しいモン食べるために仕事してるように見える人って・・・あんまりいないですから!

「ただただ注文されたから」

そんな魚屋にはなりたくないです

自分が美味しいと思う魚を勧めて買ってもらう

そーゆースタンスで仕事していきます

だから値段に関わらず食べまくります

ええように言うたら自分の将来への先行投資ってやつです笑!!!

 

2016.01.18カテゴリ:本日の特鮮魚コメント (0) トラックバック (0)

ボウズギンポ ニシン

  • ボウズギンポ ニシン
  • ボウズギンポ ニシン
  • ボウズギンポ ニシン
  • ※無断転用・転写禁止

写真1枚目

これだけ見たら魚にゃ見えないですね

2枚目が全体像

久しぶりの入荷ボウズギンポです

社長が新たな仕入れ先を開拓してくれて、そこの会社の方が送って下さいました

写真3枚目のニシンも同じところから

 

はっきり言って仕入れ値は高いです

ボウズギンポもこれまでの弊社の売値よりも仕入れ値のほうが高いです

ニシンも京都に出回っているモノと比べたら3倍くらいの価格だと思います

 

大事なのは値段が高い理由を説明できるかどうか

また、それでお客さんに納得していただけるかどうか

と思います

 

納得していただける品質ならば、それは高値ということにはならんのではないでしょうか?

一つ、お客さんにとってメリットとしてでかいのがやっぱり京都ではシーフーズ大谷でしか手に入らんということと思います

それだけで京都においては付加価値をつけれてるかと。

それだけじゃなくて、身の締りや身の質自体も良いのは当たり前

 

いいモンは高いし、漁師さんや産地の業者さんの手間苦心を考えれば仲買は高い値段で仕入れなければなりません

これは半ば義務に近いと思います

正直に言えば安いにこしたコトはないです

でもそーゆーこっちゃない

聞いたところによると、いちゃもんつけるようなやり口で値切ってる人もいるらしいですが・・・

それによって荷受業者や漁師さんがどうなるか、どうなってるか考えられんのでしょうか

利己主義ですか?最悪ですね

お客さんに喜んでもらい、私たちも一定の利益を確保できて、かつ、荷受業者や産地の発送業者・漁師さんも喜ぶ

三方良し

なかなかに難しい、理想論かもしれんがそうしていきたいですね

・・・逆に、

私たちが泣く時はお客さんにも泣いてもらうし荷受や漁師も泣いてもらうとも思ってます笑

誰か一人を泣かすより皆で痛み分けしたらいーんですよ

「目指せ!時には客も泣かす魚屋」です!!!!笑

これもお客さんに納得してもらえたらいいちゃうかと思ってます

冒頭の値段のことも含め、大事なんは酸いも甘いも含めて互いに理解することですね

2016.01.15カテゴリ:本日の特鮮魚コメント (0) トラックバック (0)

キジハタ シマアジ ツムブリ メダイ マテガイ 真珠貝

  • キジハタ シマアジ ツムブリ メダイ マテガイ 真珠貝
  • ※無断転用・転写禁止

あけましておめでとうございます

本年もシーフーズ大谷をどうぞよろしくお願いいたします

 

ブログまた滞ってました

年末からずっと体調不良やったからです

アラサーにもなったら風邪の治りも悪いですね笑

 

ちょこちょこでも気張って毎日更新していきます

写真は今日の魚たち

けっこう時化ててどこの産地の方も魚があまり揚がってないと仰られた中、なかなかに良きセットかなと思います

キジハタ・シマアジ・ツムブリ・メダイ・マテガイ・真珠貝です

 

今日に京都でこんだけ揃えられんのはうちだけなはず!って自己満足!!!

シマアジは泳がしを仕入れて私が〆たので、京都のよその仲買さんが〆たモノより処置はいいと思います

キジハタも気に行ったから仕入れた個体

ツムブリは言わずもがな

メダイもちっさい割には良かったし、

真珠貝が手に入るのも京都市場ではシーフーズ大谷だけなはず

 

今年もオンリーワンの会社を目指すとともに、ナンバーワンも目指していきます!

皆さんに満足して頂けるように、満足させれるように!

 

「№1にならなくてもいい、もともと特別なonly1」

上っ面だけのヒューマニズム!

こういうの大っ嫌い!

そんなもん甘ったれです!

男に生まれた以上は勝負せんでどないすんねん!!

魚売らせてもらってるんやし勝ち負けではないかもしれませんが、僕は勝ちを狙っていきます

自分で負けたと思わんように、お客さんに満足して喜んでもらえるように精進いたします!!!!!!!!!

2016.01.14カテゴリ:本日の特鮮魚コメント (0) トラックバック (0)

スジアラ アザハタ

  • スジアラ アザハタ
  • ※無断転用・転写禁止

鮮度のいい魚ってのは血合いの色が綺麗です

ピンクっぽかったり、鮮やかな赤っぽかったりと

当たり前やが古い魚の血合いは黒ずみます

 

そこで魚屋歴5年にして気付いてしまいました

 

「ははーん、これって乳首の色と一緒やな」と。笑

 

大半の人が黒い乳首にそそられないように、魚の血合いも黒くなったら商品価値が下がってしまします

ただ!中には熟女好きもいるコトも事実

同じように私も(熟女好みではありません。熟魚は大好きです。)、魚の血合いが黒くなっても、そこから色の変わったところを削ぎ落して食べるのが好きです

乳首は黒くとも、それ以外は最高の女性と同じ感覚(歳を重ねた女性軽視ではありません笑)

ちなみに男はチンコが黒くなってからが勝負と思ってます

それも魚と一緒かもーーー!!!!

 

いいですかーー!?

魚も人間も上手に熟成させることが大事なんです

水揚げから1カ月経とうがイケる魚もいますし、じじいでも現役バリバリもいます

 

なんか下ネタっぽくはなりましたが終わります

写真は久しぶりに入荷

スジアラとアザハタでした

時化てんのにこんな別嬪さんが来たら嬉しいですねー

この子らはピンク色のわっかいぴちぴちでした

ここからどうやって熟成させるかは買って頂いた人次第です

熟魚好きを増やしたいですね

 

怒られたらこのブログは削除します笑

 

2015.12.17カテゴリ:本日の特鮮魚コメント (0) トラックバック (0)

クエ 真珠貝 コービーブライアント

  • クエ 真珠貝 コービーブライアント
  • ※無断転用・転写禁止

クエってだけで、アマダイってだけで、アカムツってだけで、マナガツオってだけで、魚の名前だけで喜ぶな

大間とか氷見とか明石とか五島とか産地の名前に踊らされんな

所詮そんなんは、ただただソレという記号でしかないし、個体自身の判断基準には繋がらん

どんな魚にもどんな産地にも痩せたヤツはおるし鮮度や処理の悪いやつもおるっちゅーねん

セリでのハナ(基本的にセリで最初にセリにかけられる魚で良いとされるヤツ)やしって安心すな

そんなん荷受業者が適当に魚並べてたら終いやんけ

 

「「魚の名前・産地・セリにかけられる順番

そんなもんでしか魚を評価でけへんで自分は素人です言うてるようなもんやんけ。魚について知識ないし目利きでけませんて自分で認めとるようなもんやんけ。情けないと思えへんか?魚売って生活さしてもろてんにゃったら最低限の実力はつけろ!!」」

 

・・・他人に対しての意見とちゃいますよ笑!(怒られたら嫌なんで一応・・・笑)

自分に言い聞かせてる言葉です

プロやったら全ての判断基準は自分でないとあかんと思ってます

自分の一言で勧めて買って頂いて、しょうもない魚を買わせてしもたらお客さんを失望させるだけですまないんです

例えば、

「五島のクエです」言うて勧めて買って頂いたとして、その個体がガリガリに痩せた野〆でベロベロの鮮度の個体やったとしたら、それは、そのお客さんにとって「五島てたいしたコトないやんけ。クエで旨ない魚やんけ」って評価に繋がってしまう訳です

自分の一言で産地やその魚自体の価値さえおとしめてしまう可能性があります

「それぐらいプロの一言っちゅーもんは責任感の伴うもんであると理解してんのかお前は?」

と自分には言い聞かせてるつもりです

 

そんなわたくしめが勧めさせて頂いたのが写真の五島列島産のクエでございまする

「クエって良い魚やな。五島っていい産地やな」

と魚と産地の評価が上がったんちゃうかなと思とります

自分で書いててなんやが、けっこう責任重大な仕事してんなーっと活字にして改めて思いました

今のレベルではまだまだあきませんわ。もっともっと実力とつけんと。

 

と!

畑は違うが先日に今季限りで引退を表明したNBAのスーパースター コービー・ブライアントも考えてたんとちゃうやろかと思います

私、今28歳ですが、コービーは私が中学時代からすでにスーパースターでした

一つの時代の終焉のような感じ

さびしいですね

でも、レブロン・デュラント・ハーデン・カリー・レナード・とか次の世代のスターもたくさん

何が言いたいかっちゅーたら、私も次世代の代表格になりたいなと無理やりバスケットに繋げて書かせて頂いた次第でございました

 

あっ、2枚目の写真は真珠貝でしたーーー

2015.12.05カテゴリ:本日の特鮮魚コメント (1) トラックバック (0)
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10