私たちの強み

TOP >> 私たちの強み

京都市中央卸売市場のシーフーズ大谷では、産地からの直接入荷と市場でのセリによる入荷という二つの仕入れ方法により、最高の魚や他では手に入りずらい魚をご提供いたします。通常の仲卸とはことなり漁港から前日に入荷情報が分かるので大手で実現しております産地直送と同じ魚、仕入を個人店様でも実現可能です。

現状の仲卸は・・

シーフーズ大谷では

産地から直接入荷をされている方へ

マスメディアの皆様へ!

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社はこの度ホームページをリニューアル致しました。
これを契機に積極的なプロモーション活動を推進して行く所存でございます。
これまでにも新聞やテレビ番組で取り上げて頂きましたが、珍魚や巨大魚のカテゴリーに捉われず、「魚文化の発信」等の文化的な側面でも取材して頂ければ幸いです。
また、講演会等のご依頼も可能な限り対応させて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。

株式会社シーフーズ大谷はこんな会社です

これがシーフーズ大谷スタイル!

シーフーズ大谷で心掛けていることは、
1.鮮魚の卸売の仕事とは何か?それは、魚を販売することよりも、「魚を好きになってもらうこと」。
2.また、お客様の、「もう一人の社員」という意識で、お客様の店の発展を社員様と同じ目線で考えることを念頭に置いております。
3.単純に売れれば良いというのではなく、1匹1匹の魚に想いを乗せた上での販売を心掛けております。

これがシーフーズ大谷スタイル!

江戸時代「魚の棚」と言われていた頃から営む、由緒正しき鮮魚卸商です!

鮮魚を取り扱う市場を関東では「魚河岸」と称されるに対して、関西では「魚の棚」と表現されていました。1927 年( 昭和2年) 全国に先駆け京都市中央卸売り市場は国内初の中央市場として誕生致しました。しかし、弊社は1927年の京都市中央卸売市場の誕生以前、江戸時代の頃から代々続く歴史ある仲卸業者です。
関西ではトップレベルの取り扱い魚種の多彩さから、弊社は同業者から「水族館」と呼ばれる程です。現在はフレンチやイタリアンレストラン様、ホテル様等のお取引がメインですが、老舗和食店様からチャイニーズレストラン様、旅館様へも安全で高品質な魚をご提供させて頂いております。

江戸時代「魚の棚」と言われていた頃から営む、由緒正しき鮮魚卸商です!

仲卸業者ですが、小売(ネット販売)も行います!

これまでは仲卸業者は一般のお客様に小売りする事は出来ませんでしたが、市場活性化のための規制緩和策として2004 年、卸売市場法改正により可能となりました。シーフーズ大谷は、京都で初めて市場外販売の承認を受けて ネット販売を行っております。
弊社は、新鮮な鮮魚の本当の美味しさを多くの方に知って欲しい!京都の鮮魚食文化をもっと広めたい!との思いを京都市中央卸売市場第一市場水産物部取引委員会へ訴え、「京の食文化を全国発信できるチャンス」(委員長・藤谷築次京都大名誉教授)として、京都で初めて認められました。

仲卸業者ですが、小売(ネット販売)も行います!

一般のお客様の来店、見学等大歓迎です!

特定の人しか入場出来ないと思われがちな中央市場ですが、弊社にはファミリーや若いカップル、外国人のお客様も数多く訪れます。
弊社のホームページで珍しい魚の入荷情報をチェックして、是非一度いらして下さい。やはり、画像や写真で見るのと実際に目の前で手にするのは違います。魚好きの方、大歓迎です。

一般のお客様の来店、見学等大歓迎です!

最後に・・・

当社は企業である以上、営利団体であることは間違いありません。しかしながら自分たちだけの利益を追求する気持ちは毛頭ありません。実際に魚を提供してくれる漁師さんたちの安定収入や、いい魚を匠の技で調理してくださる飲食店様、また美味しく仕上がった魚を召し上がっていただくお客様。魚にかかわる皆様の笑顔が創造できるような懸け橋になりたいと願っております。大自然が与えてくれた恵みを軸に幸せのスパイラルを構築できればそれ以上は望みません。
弊社大谷透はお客様に魚を売る際には「自分の子供たちを嫁に出す気持ち」と表現しております。貴重な命を提供してくれた魚たちを、どうか美味しく召し上がっていただきたい限りです。

最後に・・・